環の付いた朝日

小さいころ天体望遠鏡で土星の環を見て楽しんだ思い出がある。そんな 土星を取り巻く大きな環は、あと1億年もたたないうちに消滅してしまうかもしれない。米航空宇宙局(NASA)の研究チームがこのほど、探査機「カッシーニ」の観測などをもとに、そんな説を発表した。(CNN)一億年以内、随分先のことだが何か寂しくなってしまう。2月の朝日がその土星のような環を付けていた。

写真を見る

案山子

斐川町の県道脇にある案山子、顔こそ質素ではあるが姿はリアルに出来ている、スピードが出やすい直線での交通安全に一役買っている。

写真を見る

光に照らされて

昇ったばかりの朝日が眩しく海を照らす、朝霧は遠くに霞をかけ春の装いを描き出す

写真を見る

霜の花

放射冷却の影響で畑が真っ白になった。霜は空気中の水蒸気が、水になることなく いきなり氷の結晶になり出来る。草木に付いた水分も結晶になりまるで花のようになった。

写真を見る

廃船

大根島にある廃船が浮かべてある海岸に行ってみた。かれこれ30年ほど前から数隻の船が被写体となっていたが、今は見る影もなくなっていた。

写真を見る

冬空

2月に入っても厳しい寒さの冬らしい天気にならない、ただ厚い雲に覆われる毎日、週末あたりには寒波がやってくるらしい。

写真を見る