暮れ行く日

今日は部分日食があった。2時間わたり天体ショーがあり連続で写真を撮った、その後なにもなかったように太陽は山並みの向こうに沈んでいった。

写真を見る

あざみ

田植えの終わったあぜ道にはあざみの花がさいている。小さいころ学校からの帰り、花が綺麗で触ってみたところトゲが刺さって痛い思いをしたことを覚えている。

写真を見る

祈りの花火

新型コロナウイルス感染拡大の終息を願い、「悪疫退散祈願」の花火が6月1日全国一斉に打ち上げられた。松江でも宍道湖において約5分間という短い間だったが、お寺で祈願された花火が打ち上げられ、希望と元気を届けられた。

写真を見る

浜昼顔

久しぶりに古浦海岸に行ってみた。砂浜には所々浜昼顔が群生している、乾燥した砂浜でたくましく育って毎年咲かせる、朝早く花がしぼんでいるが、朝日に誘われ次々と開花した。

写真を見る

棚田の朝

山王寺の棚田に行ってみた、山々の樹々は一斉に新緑に包まれ、若葉のみずみずしい緑が目に染みる、田んぼには水が張られ所々で田植えが始まっている、水面に光る朝日の輝きはまた美しい。

写真を見る

都わすれ

我が家の庭先に咲いている都忘れが今年もまた綺麗に咲いている、花はピンク色から次第に薄くなり白っぽくなり日ごとに変化している 数ミリほどのてんとう虫の様な虫が住処にしていた。

写真を見る