浜昼顔

久しぶりに古浦海岸に行ってみた。砂浜には所々浜昼顔が群生している、乾燥した砂浜でたくましく育って毎年咲かせる、朝早く花がしぼんでいるが、朝日に誘われ次々と開花した。

写真を見る

棚田の朝

山王寺の棚田に行ってみた、山々の樹々は一斉に新緑に包まれ、若葉のみずみずしい緑が目に染みる、田んぼには水が張られ所々で田植えが始まっている、水面に光る朝日の輝きはまた美しい。

写真を見る

都わすれ

我が家の庭先に咲いている都忘れが今年もまた綺麗に咲いている、花はピンク色から次第に薄くなり白っぽくなり日ごとに変化している 数ミリほどのてんとう虫の様な虫が住処にしていた。

写真を見る

つつじの丘

海の見渡せる丘には一面のツツジが咲いている。つづら折りの坂を上るとそこは広大な景色、そしていっぱいの鮮やかな花色、爽やかな風とともに私を楽しまさせてくれた。

写真を見る

願い橋

コロナウイルスでなかなか外出できない、1人で誰もいないところに撮影に行きたいところだが、なにか後ろめたさを感じる。 斐伊川に架かる沈下橋のなかでは島村橋はよく行ったが、木次にある「願い橋」は初めて、この橋は「願いがかなう」といわれる縁結びスポット、渡ってみると満開の桜とともに穏やかな気分になった。

写真を見る

花の共演

山陰にもコロナウイルスがひしひしと迫ってきた、すぐそこにもいるかもしれない、なんと恐ろしい世の中になったものだ

写真を見る