権現灘

宍道湖大橋の下をくぐり抜け北に向かうと須衛都久社の前に出てきた、 境内の南側は以前までは樹木で閉ざされていたが現在は綺麗に整備されて真新しい対の狛犬が鎮座している。 昔この付近を「権現灘」といわれ湖岸に面していて当時の雰囲気が伝わる

写真を見る

佐陀川

江戸時代に宍道湖から日本海まで開通させた。当時掘削機もない時代に相当の労力と苦労があったに違いない・・・ここに来るといつもそう思う。

写真を見る

月と金星

新年初めての天体ショーが見られた。薄曇りが広がりおぼろ月のそばでひと際明るく輝く暁の星、2日の明け方の東の空で月と金星が大接近した珍しい光景、新年から良いもの見た気がする。

写真を見る

橋のある風景

大橋川の入り口の場所、頭上高くアーチをかけて広がる中海大橋、ここからは天気と時期により朝日が望める、またこの辺りは「スズキ」の釣り場で有名で多くの人が糸を垂らしていた

写真を見る

虹色の池

イルミネーションが綺麗と情報を得て由志園に行ってみた、庭園全体が美しく色とりどりの光で飾られた。ただそれだけではなく最新技術を用いてプロジェクションマッピングや音楽と連動した光の演出など数々の工夫がされて見るものを魅了された。

写真を見る

飛翔

今年は全国で豪雨、震災と大災害に見舞われたり個人的にも最悪の年であった。来年は宍道湖の空を飛翔する白鳥のように飛躍し穏やかな良い年なってほしいと思う。

写真を見る