よずくハデ


DSC_7509.jpg

大田市や 温泉津町でよく見られる稲ハデで、ふくろうが羽根を休めている様子に似ていることからこの名前が付いた。
大庭町の田んぼでは地元の有志による地域活性化のため、古代米を干すため今年からこのハデ木が作られた。
まさに古代の人々が暮らしていた八雲立つ風土記の丘付近によく似合う風景だ。

2010年10月18日 NIKON D300 NIKON ED18-70mm 1/250(秒)F11.0 露出プログラム,絞り優先AE 露出補正量(EV)0.0 ISO 200  RAW Capture NX 現像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*