墨付け神事

片江地区に約250年続く伝統行事、煉った黒墨を持った地元の主婦が沿道の大人、子供の顔につぎつぎと塗りつけていく、墨を塗られたらその年の無病息災の御利益があるとされている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする