晩秋の一六禿


まもなく12月になろうとしている、今日のような穏やかな日もこれで暫くお終いかもしれない。澄み切った空気のはるか向こうには頂きが白く雪化粧した大山が望めた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする