なんじゃもんじゃの木

松江市母衣町(ほろまち)中電前:季節外れの雪が積もる??なんじゃもんじゃの木の花、正式名はモクセイ科落葉高木ヒトツバタゴです。日本では数少なく松江では城山公園など32本の木が残っています。

写真を見る

センダン(栴檀)の木

松江市北田町:普門院近くの堀川沿いの栴檀の花が咲き出しました。淡紫色の可憐な花です。

写真を見る

新緑かおる堀川

春の亀田橋付近は私の一番好きなところです。タブノキなどの樹木が一斉に新芽を吹きだしまばゆいばかりの美しい新緑を見せてくれます。また堀川にそれが映し出され美しさがいっそうひきだっています。

写真を見る

霧島ツツジ

松江市北堀町:塩見縄手の新緑のなか霧島ツツジ鮮やかな朱色がひときわ目だっていました。

写真を見る

舟つきの松

松江市南田町:くにびき道路からわずか入ったところにある、高さ6.7メートル幹周り3.6メートル樹齢約300年の老松。傘状に優美な枝が広がる姿はまるで盆栽のようです。

写真を見る

松江大橋南詰の桜

松江大橋のたもと,幻想的にライトアップされた一本の桜の下は花見の客で陣取られる、ここは松江大橋の架け替えのとき人柱となったといわれる足軽源助を供養する碑がある場所です。

写真を見る