秋鹿おもっつあん

秋鹿(あいか)大日堂御頭行事は秋鹿町高祖寺奥の院大日堂に平安時代から伝わる正月行事で直径80センチ厚さ15センチ重さ130キロの大餅を奉納し無病息災、五穀豊穣を祈願します。 祭の最終日はこの大餅を担ぎながら寺の坂を下り集落を練り歩きます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする