諸手船神事(もろたぶねしんじ)

「古事記」などが記す事代主命の国譲り神話にちなんだ「諸手船(もろたぶね)神事」が松江市美保関町の美保神社で行われました。 九人ずつ二手に分かれて船に乗り湾内を漕ぎ出し、相手を清める意味で威勢良く櫂や手で水を掛け合います。古代出雲の魅力をあらわす勇壮な船神事です


画像をクリック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする