松江 橋の風景 一覧

松江は城下町であるとともに水の都といわれるほど水辺の美しさにあります。とくに街を張り巡らされている掘割や水路、川に架かる橋の数は大小591あまりと言われています。その橋は人々の出会いや別れの思い出が刻み込まれ、四季折々さまざまな風景を見せてくれます。

松江大橋

松江大橋

松江大橋 1602年松江城築城のとき、架けられてから17代目が現在の橋、松江城とともに松江のシンボルとなっている。300年間もの間人々を渡して来た松江大橋、御影石の欄干と擬宝珠は歴史と風情を漂わせます。

写真を見る

宍道湖大橋

宍道湖大橋

宍道湖大橋 昭和47年7月有料道路として完成、松江大橋からの景観が悪くなるなど当時賛否があったが景観に調和するデザインとした。歩道が広く取ってあり2か所のテラスにはベンチもあり宍道湖の眺めは素晴らしい。

写真を見る

茶屋前橋

茶屋前橋

茶屋前橋 佐陀川の河口に架かる 橋脚にいたるまで木製の橋 宍道湖の景色に溶け合う美しい橋。

写真を見る

くにびき大橋

くにびき大橋

くにびき大橋 昭和57年くにびき国体のとき南北の幹線道路として架けられた新しい橋、橋の長さは市内で最長、朝夕は車、自転車など一番の通行量がある。朝夕の橋からの眺めも素晴らしい。

写真を見る