講武の朝

IMG_8677
3月下旬になり桜も開花し始めた。まだ朝晩は冷え込み朝日が照っても冷たい空気を感じる。田んぼも霜が降りて白くなった。
2013年3月17日 EOS 5D Mark II EF40mm F2.8 STM 1/2000(秒)F9.80 露出プログラム,絞り優先AE 露出補正量(EV) -0.67 ISO 200

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『講武の朝』へのコメント

  1. 名前:癒されっ子 投稿日:2013/03/29(金) 12:46:12 ID:140684a3d 返信

    お写真を見るにつけ深まる郷愁に耐えかねて、2010年秋より1年、松江に戻った者です。コメントでうかがった竪町商店街の金物屋さんも確かに健在でした。今はまた外国で子育て中です。子供は、松江の人と町の印象が「日本」の印象なのですが、美しい思い出をたくさんつくることができ、帰りたいなと言います。どの写真からも、枠を超えて広やかに連続した美しい景色が、普段見ていた美しい姿そのままに、記憶から立ち上ってきます。写っているのは「空気」のようで、自分も確かにこの空気の中にいた、とひしと感じて嬉しくなります。雪が多い冬で、灘町、魚町を歩いては大正時代にタイムップしたような気分を楽しんだものですが、今年は雪が少なかったようですね。春の松江(出雲地方)の様子も楽しみにしています。美しい写真を本当にありがとうございます。

    • 名前:hiroyuki 投稿日:2013/03/31(日) 08:35:34 ID:185875da7 返信

      癒されっ子さんこんにちわ

      ご覧いただきありがとうございます。

      昭和の面影の残る「竪町商店街」

      天神さんから天神川にかけてのすばらしい風景
      失ってはいけない商店街です。

      幸い、懐かしい土曜夜市の復活など沢山のイベントで活性の努力を行ったり
      新しい店舗の出店の支援など努力されているようです。

      春の松江の風景を近日UPします。またご覧ください。

      • 名前:癒されっ子 投稿日:2013/05/12(日) 01:27:45 ID:1a7a843c1 返信

        ありがとうございます。
        市内全域が建物博物館のような松江が
        大好きです。江戸、明治、大正、戦前、戦後、1960年代と
        混在していて、歩いていて飽きない町です。楽しみにしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*